主にレディースファッションのカタログ販売・通信販売サイトとして堅実な経営を続けている印象が強いベルメゾンネットは、メインターゲットが女性であること以外、その品揃えにはほぼ制約がないという印象があります。
WEB制作、プロの無料サービス活用術サイトチェックに使えるツール(1 ...

また、オンラインカタログのショッピングサイトとしては、商品価格とそれにともなうクオリティーが決して低くありません。これはベルメゾンネットの経営方針が、品質で勝負しようしていることを示しています。
ホームページ作成 仙台の専門サイト
そもそも他のサイトとの差別化を図る際、「それなりの品質の高さ」と「期間限定商品やオリジナリティー」が売りということのようですが、これは百貨店のコンセプトとオンラインショッピングの利点の双方を取り入れた結果と言えます。
【Homepage pro】 安い!早い!プロに頼める!ホームページ制作なら

さて、ベルメゾンネットが提案する「ちょっといい暮らし」というコンセプトには、通販だからといってチープにはしないという気概が感じとれ、実際、多くの商品において品質における評価は安定しており、相応の高級感をある程度実現していると言え、限定のお得感や比較対象が無いアイテムという特性を生かした戦略が生きています。

逆にマイナスポイントとして挙がるのが納期の問題です。通常オンラインショップにおいて「在庫あり」で注文すれば短時間で「発送」されるイメージがありますが、このサイトは発送予定の時間がかなり長い印象を受けます。繁忙期に発送に手間取ることは考慮されますが、在庫管理や商品発送手続きの合理化という点で課題がありそうです。

また、品切れに関してもよく取り沙汰されています。これはアイテムの種類の豊富さとある程度比例してしまう問題なのですが、気に入ったアイテムを購入しようとクリックすると「品切れ」と表示されてしまうという声が散見されます。ここには同系統のアイテムが同時に品切れを起こしている状況が見て取れるため、仕入れと発注の見直しが必要とも言えます。

そして何よりサイト利用者のストレスとなっているのが、サイト自体の重さでしょう。一時期より改善された印象はありますが、依然としてページの切り替えに嫌な間があり、使用するパソコンのスペックによっては、かなりイライラすることもあるのではないでしょうか。
以上からベルメゾンネットの総評として、扱う商品は種類、クオリティーともに概ね及第点であるが、それを手に入れるために利用者に対して不要なストレスと手間を強いており、今後インフラの整備を進めていくべきと言えるでしょう。